•  
  •  
  • <

『エー・オー・アール講座その1♬』

2012年03月14日

モノブライトの活動もプロデュース業も、はたまたピンで弾き語りなんかにもトライしちゃう今月! 忙しさにかまけてると、す〜ぐ大事なことを忘れちゃうよね……YES! A.O.R.
  
  

  
  
え? 別に大事じゃないって?
  
  
まぁまぁ、そんな固いこと言わずに、おっちゃんのA.O.R.講座にお付き合いちょうだいニャ☆ せっかくヒダカトオルとフェッドミュージックも面白い感じに作品が完成しつつあるんで、そんな我々がテーマとして挑んでいるA.O.R.に関して、不定期ながらも紐解いてみよ〜!
  
  
  
まず「A.O.R.」とは何ぞや?

色んな説がありますが「Adult-Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)」の略称、ってのがアラフォーの定説。「大人向けに特化したロック」。ジャリは聴くな! ってかf^_^;)?

とは言え「A」の部分が「Audio(オーディオ)」だったり「Album(アルバム)」にも変換可能らしいので、要するに「大人の鑑賞にも絶え得る=大人でも聴けるロック」の総称でヒョか。流行した80年代当時に、キッズの絶大な信頼を勝ち得ていたヘヴィメタやPUNKと差別化するために、あえて「歪んだ楽器や怒鳴るボーカルを避け」て、クリーンなサウンドでPOPさを競った流麗な音楽ムーブメント、それがA.O.R.
  
  
  
では小難しい理屈は置いといて、良き参考をばご紹介、ド〜ン!


ビリー・ジョエル!

Q;indiviとカヴァーさせて貰ったけど、やっぱ「オネスティ」みたいな名曲は、確かに大人だろうが子供だろうが泣かせてしまう強力なPOPマジックを内包!

俺は当時まだ小学生だったけど、それでも中学生だったアニキがラジオから流れてくるビリー・ジョエルの名曲の数々を、安いラジカセで必死こいてエアチェックスしてるのを傍らで「うわ〜、カッコイイ曲♬」なんてワクワクしながら聴いてたのを、昨日の事のように覚えてるしニャ!

ヒダカトオルとフェッドミュージックが、どこまでPOPマジックを魅せられるかは判んないけど、ひとまずアルバムに向けて楽曲もPVもアー写も、キラッキラのをご用意してますんで、間もなくやって来る詳細発表をお楽しみゆう〜♬

“『エー・オー・アール講座その1♬』” への5件のコメント

  1. megu より:

    ヒダカさん、おはようございます。

    嬉しーーーい♪♪

    知りたかったんです。
    A.O.Rってなぁに?ってずっと思ってて。
    なんとなくな雰囲気で、メロウな感じ?大人っぽい感じ?のを自分の中でそれとしてたりして。

    ビリージョエル!
    親の影響で私も大好きで、ピアノ伴奏練習してたりしてました。
    思い出しちゃった…それで横から父がめちゃめちゃ酔いしれて歌いだす、っていう(^^;)

    オネスティ。
    ヒダカさんの声がのったら素敵だろな…

    ☆+°・(´▽`*)♪勝手な想像力で再生中。

    またカバーする機会がありましたら是非歌ってくださいね♪聴きたい!

    講座その2、楽しみにしてます。
    キラッキラなヒダカ&フェッドはもっと楽しみに待ってます♪
    8989♪

    九州より愛をこめて。
    meguより<(^_-)

  2. イズミ より:

    ヒダカさんこんばんは。

    この講座・・・
    音楽のジャンルの代表的アーティストを紹介していることで、
    更にわかりやすいですし、
    かなりすてきです!

    新しいジャンルを知っていく度に
    どきどきが止まりません。

    札幌のリクさんとのインストアでも
    A.O.R.について話していましたよね。
    かなり興味深くて、聞き入ってしまったのを覚えています。

    ヒダカフェッド、楽しみにしています♪

  3. はたぼう より:

    ヒダカ教授、講義ありがとうございます(`▽´ゞ

  4. まめ。 より:

    うわうわ。きました!!!

    ヒダカさん。まめ。ほぼ聴いてやす!!

    しっかし、分かりやすくて、やっぱり教授ですね。。。

    あぁーー。楽しみ増えましたよ!!
    風邪なんかにやられてる場合じゃあないっすね。自分。。

  5. ヒカリ より:

    A.O.R.講座ありがとうございます。

    恥ずかしい話、ヒダカフェッドで初めて、A.O.R.という言葉を知りました。。

    勉強になります!!そして、面白いですねえ~。

    キラッキラのアルバム楽しみにしてます。

コメントをどうぞ

  •  
  • 東北ライブハウス大作戦
  • ヒダカトオルとフェッドミュージック
  • LOST CRUSADER
  • MONOBRIGHT
  • TV MURDERS
  • GALLOW
  • ROCKAFELLER SKANK
  • ROOTS CRUSADERS MANIA
  • 週刊プレイボーイ
  • CAREERZINE